質の良い睡眠とは

質の良い睡眠とはどんな睡眠なのでしょうか。睡眠時間が多いから「質の良い睡眠」を摂っているわけではありません。「質の良い睡眠」を簡単に言いますと、朝目覚めるときスッキリと自然に目が覚めた時が、質の良い睡眠をとった時なのです。

睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」があることがご存知かと思います。「レム睡眠」は浅い眠りで、「ノンレム睡眠」は深い眠りなのですが、この「レム睡眠」とときに目が覚めると、目覚めがスッキリと気落ち良く起きることができます。

この「レム睡眠」は約1時間30分おきに訪れます。ですから起床時間7時でしたら23時30分に就寝すると、「質の良い睡眠」がとれることになるのです。例えば仕事や飲み会などで、就寝時間が遅くなってしまった場合は、この「レム睡眠」がやってくる時間を考えて眠るようにしましょう。多少早起きになったとしても「レム睡眠」時に起床すれば、起床することがそんなに苦ではないはずです。

そして「質の悪い睡眠」とは、夜中に何度も目が覚める・目覚めがスッキリとしなくて頭が重く感じるなどが「質の悪い睡眠」と言えます。このような状態があるときは、脳が疲れている・体内時計が正常ではないなどが原因です。このように体内時計が乱れてきた場合には、「睡眠障害」などを引き起こすこともあります。まずは体内時計を治すことを心がけましょう。


プラセンタサプリ

アンチエイジングに、プラセンタが効果があると言われています。

美容外科などでは、プラセンタ注射なるものもあるようです。

しかし、一般の方には手が出ないなかもしれませんね。

芸能人かお金持ちもマダムがしているイメージですよね。

だけど、できれば若々しくいたいと思うのは、誰でも同じことです。

そこで、プラセンタが誰も手軽に取れる方法を考えてみます。

それは、プラセンタドリンクかプラセンタサプリで取る方法です。

これならだれも、手軽のプラセンタの恩恵を得ることができるかもしれませんね。

肌の衰えを感じてきたらなんとか、なんとかケアしたいですからね。

エイジングはやっぱり早めに始めた方がいいようです。


スキンケアとしわ

だんだん年を重ねていくと、肌のトラブルも多くなってきました。もちろん、それと同時に自分がスキンケアについて考える機会も、増えました。

とくに私は、しわが今気になっています。昔はあまり感じなかった眉間のしわやほうれい線が、最近はっきりと見えるようになってきたのです。しわをケアしていくためには、なんといっても丁寧なスキンケアに限るでしょう。

肌にあまり負担をかけないように、優しくスキンケアを十分に行い、しわを予防していきたいですよね。しわを出来にくくするためにも、スキンケア化粧品を選ぶ際には、慎重に考えたほうが良いと思います。


価格や口コミなどにあまり踊らされないようにしましょうね。メイククレンジングは、クリームタイプのものを使用すると、肌にも負担がかかりすぎずにメイクを落とすことが出来ます。さらには、化粧水や美容液、乳液などは保湿力の高いものが良いと思います。

肌になじませていくときは、力をいれないように丁寧にマッサージをするように優しくするようにしましょう。とくに乾燥しがちな部分においては、しっかりと意識的に保湿を行うようにする必要があります。

また、それだけでは十分に栄養分を補いきれていないという方は、サプリメントも併用すると尚良い効果があるのではないでしょうか。リンパマッサージで血行を良くするのも、おすすめのスキンケアといえます。

アンチエイジングサプリDHEA

欧米では生活習慣病が問題視されています。日本でも食文化の変化とともにメタボリック症候群といわれる病気の方や予備軍が増えています。アメリカではサプリメントの取り扱いがいち早いので、もちろん生活習慣病を緩和するサプリメントもたくさん扱われています。そんな中から「DHEA」を調べてみました。まだまだサプリメントを生活の一部としてなじんでいない日本では知られていないサプリメントなのですが、アメリカでは知れ渡っているもののひとつなのです。DHEAは体内に最も多く存在する、天然のステロイド系ホルモンです。ホルモンの成分は、健康の維持、脂肪の燃焼による筋肉の維持、性ホルモンの安定的な維持、ミネラルバランスの維持、免疫を上げる作用など、体を元気にする働きに関係しています。このDHEAは様々な働きをするホルモンの源となる大切な役割を担うのです。つまりこのホルモンを補うことは老化の防止にもなると考えられています。研究者の間ではアンチエイジングにも貢献する治療薬として利用されているのです。サプリメントの先進国アメリカでは、DHEAの補給にサプリメントが利用されています。というのも、日常生活で増やすことはとても難しいからなのです。また、今のところ日本での販売はされていませんので、もし必要な方は専門のお医者様を通じて個人輸入して手に入れるしかありません。



皆さんはお肌を守れていますか。私たちの肌細胞はしっかりと守らないと力を失っていく一方です。若くてお肌のハリつやのいい方とお年を重ねてシミやシワ、たるみに悩んでいる方も細胞の機能に大差はないのです。ではその違いは何にあるのか、それは「お肌を守る環境」にあるのです。

肌の表面は温度・湿度・紫外線などに影響を受けやすいものなので、本来は自己防御力『皮脂膜とバリア機能』を持っています。しかし年齢とともに皮脂も減少しバリア機能も衰えさまざまなトラブルが発生します。ここが大きな差になるのです。 そこで、お肌本来の力を呼び戻すためのアンチエイジングケアが必要になるのです。

現代社会は空調の効いたオフィスで過ごし、外に出れば紫外線。買い物をするためのスーパーは冷暖房が一年中完備。この生活が肌を乾燥させお肌本来の力を弱める結果になっているのです。

また、仕事や家事・育児・介護など、毎日が忙しく、食事時間や入浴時間も短縮してそこそこに睡眠を取る。コレでは心身ともに疲れていく状態です。合間をぬったせっかくのエステや高級なアンチエイジング化粧品でも、お肌を癒せません。そこで日常生活の見直しをしてお肌を守る環境つくりをしましょう。

肌トラブルの原因は主に乾燥です。保湿をしっかりすること、紫外線からお肌を守ること、バランスの取れた食事をすることも大切です。睡眠不足やゆったりとした入浴も出来るだけ時間をとってください。リラックスをして毎日リセットしてあげることでアンチエイジングになるのです。頑張らずに試してみてください。


アンチエイジングの食材

アンチエイジングを意識した食材を摂るといってもその目的は大きく2つに分かれます。「お肌のシワやたるみの予防や改善をさすアンチエイジング」と、より広い意味で「体力や脳の衰えなどを含めた全身のアンチエイジング」です。

どちらのアンチエイジングにしても共通していえるのは食事・食材の重要性です。生命の最小単位は細胞です。細胞は食事からとった食べ物を原材料として体内で生み出されます。健康で若々しい細胞で体内を満たすためには、原材料となる食事が一番大切なものになってきます。

質の良い食材・つまりアンチエイジング高価の高いものを摂る事で効率よくアンチエイジングをしましょう。「質の高い食品と正しい食事、そしてサプリメントを摂取することで免疫力が高まる。免疫力を高めることがアンチエイジングにつながる」という学説もあります。

老化は身体の細胞がさびていく「酸化」です。アンチエイジング効果が高い食事とは「抗酸化物質が含まれている」「体内で抗酸化物質を合成するための材料となる栄養が含まれている」食材から作られたものです。常に体質に合った食品を選ぶことも大切です。

抗酸化物質や必須脂肪酸などのサプリメントを利用することもいいですね。食材を選ぶならば旬のものを選ぶようにします。旬とは「その食材が食べ頃を迎えて最もおいしい時期」です。ビタミン、ミネラル、フィトケミカル(野菜自らが害虫や紫外線などから自分を守るために蓄えた成分で、強い抗酸化作用を持つ)も旬の時期にたくさん含まれています。魚も旬のものを選ぶと脂が乗っていて、DHAやEPAなどを効率よく摂取することができます。一番おいしい旬の食材で若返りまで出来るなら嬉しいですね。


アンチエイジングの方法

アンチエイジングは抗加齢、抗老化、つまり加齢や老化を進行させないことや年齢を重ねても若く健康でいられるようにすることです。そこでエイジングケアをして体をいたわり、手入れをしてあげましょう。まずは専門家について。エステサロンならば様々な方法でしかもリラックスしながらケアを任せられます。

機械を使う方法として「超音波により肌の内部から細胞を活性化させ、肌のハリをアップさせる方法」「エステトリートメントによりツボを刺激し、血行促進により肌のハリを取り戻す方法」。根本的に乾燥している方には「イオン補給によりビタミンエッセンス等の美容成分を肌に浸透させ、うるおい補給とともにハリを与える方法」などです。

無添加化粧品人気ランキング

エステだけで十分にケアが間に合う場合もありますが、もっと即効性やはっきりとした結果を求めるなら美容外科でのエイジングケアもあります。「外科手術によりたるみ・シワを軽減する方法」「注射によって一時的にシワ・たるみを軽減する方法」「レーザー、高周波、光によりシワ・たるみを軽減する方法」つまりプチ整形ですね。

アレルギーや体質など注意する点も多いので、お医者様とよく相談して決めて下さい。いろいろと専門家など方法を見たけれど、やはり自宅で試したい方はサプリメントや食生活の改善、エイジングケアに有効なツボ押しなどから始めるエイジングケアをしましょう。


手のケア

手は口ほどに年齢を言います。手は人に物を渡す時、お茶を飲むとき、物を食べる時と、必ず人目につくものです。特に料理をする人は、「油がはねて手の甲に小さいシミができてしまった」と言う人も多いでしょう。

そのシミのようなやけどの跡は、手年齢を引き上げるのです。夏場でも、手の甲までUV対策をしている人は少ないでしょう。しかしこの夏場こそ手を老けさせるのです。簡単な手のケア方法をご紹介しますね。まずは、手を洗ったりして水に濡れたら、しっかりと綺麗に水を拭きとりましょう。半がわきのままですと、どうしても乾燥しがちになります。

特に主婦の方は、水仕事は多いですよね。エプロンなどで、適当に拭くことも多いと思いますが、これは絶対に駄目です。ちゃんとタオルで綺麗に水分を拭き取ってください。そして寝る前には、必ず手のケアをしてください。肌の衰えを防ぐのは、保湿だと言うことはご存じだと思います。これは手も同じです。

手の甲にも化粧水をたっぷり付け、首と同様に肌に浸透するまで「パンパン」と付けてください。そして、ハンドクリームを付けてから保湿をしましょう。保湿の仕方は、手は手袋などが最適です。寝ながら手袋をするのが良いのですが、抵抗がある方は寝る前に手のケアをし、その後に5分くらい蒸しタオルをすると良いでしょう。ちょっとした努力で、手も若返るのです。




シワ対策

「しわくちゃばばあ」と言われて言った方は冗談だったのに、実は深刻な問題!ってことあります。私はハリのある(?)体型とそれにつり合う顔形なのでまだ「しわ」を意識したことがあまりなかったのですが、ここ数年首の皺が年齢を物語るようになったと感じてます。たるみとも関連しますが首の皺の感じ侮れません。

だって果てはあごにつながっていますから、ぐっとあごをひいたときに目立っちゃうんだなあ・・・。あとは目じりですかね?皺も乾燥が関係してるみたいです。私は笑い上戸なので結構バカ口をあけて笑ったり、ヒィヒィ涙を流して笑うこともしばしばありますが、口の周りや目の周りにその影響が表れそうな予感はしてます。


なのでそのポイントにはしっかり保湿とローションパックやオイルマッサージを心がけます。私のおばあさんは60代はかなりのおデブさんだったのですが、糖尿病を患ってかなりの勢いでやせたら顔がしわくちゃになりました。最後はギャグにしてましたが、瞼を引っ張ると皮がそのまま戻らなくなって手でおして体裁を整えるみたいなことをやって笑わせてもらいました。

へんなひょうきんなばあさんでしたが、病気のお薬のせいでトイレが近くなってから、ほとんど水分を摂らなかったと思います。あの皺は乾燥の最終段階だったのかしら?水分補給は体内で吸収されて体の表面に表れるのですね。

リルジュ

25歳を過ぎると、肌細胞の活性が衰えます。この「リルジュ」は活性の衰えの原因である成分に着目し作られた化粧品です。「リルジュ」に含まれている4大成分は「細胞再生因子・EGF」「真皮細胞活性化成分・FGF」「破損細胞再生成分・IGF」「新しい皮膚細胞活性化成分・rejuline」が配合されています。

このようなアンチエイジング成分が配合されていることもあり、アラフォー世代にはとても人気の商品なのです。これらの成分による効果は、肌に弾力を与える・肌にうるおいを与える・甦った肌を持続することです。最初の使用で「ツッパリ感」や「ヒリヒリ感」を感じることがあるかと思います。これは4大成分が働きかけるために起こることですので、不安に思わずに使用し続けてください。

効果は早い方では3~5日くらいで効果がでます。なかなか効果が出ないかたでも約2週間で効果がでるそうです。この商品はアンチエイジングで気になる、シワ・シミ・たるみ・くすみなど全般に効果があります。使い方は、洗顔後にまず最初に使用します。その後に、お手持ちの化粧水などをご使用ください。洗顔後に「リルジュ」を使用する理由は、「リルジュ」の有効成分を肌の奥まで浸透させることが重要だからです。

洗顔をしたら「まずはリルジュ」を塗布することを忘れずに。こちらの商品ですが、価格は高めですので、まずはトライアルセットで試されるのがお勧めです。

どろあわわの口コミを紹介している口コミサイトです。